売却

不動産売却の流れ

  1. STEP 01.

    売却の相談

    不動産の売却には、法律や相場、取引の慣習など日常生活ではあまりでくわさないシチュエーションなどに遭遇する機会がございます。 まずは、専門的な知識を持った不動産会社にそのあたりを相談し、「何故売却するか」を明確にする必要性がございます。 その際に、売却を考えている不動産のよい点・悪い点を含め、話しておくことが重要です。
  2. STEP 02.

    物件の査定・調査の依頼

    次に、自分の物件に関しての査定・調査を依頼します。 物件の価格は、物件の建築年数、管理状況、希少性、収益性、近隣の取引事例などをもとに決定します。 複数の会社に依頼することもよいでしょう。
  3. STEP 03.

    不動産会社の決定

    売却を依頼する不動産会社が決定すれば、媒介契約を結び、本確定に売却活動に入ります。 媒介契約には、「専属専任」・「専任」・「一般」の3種類がございます。
  4. STEP 04.

    購入希望者との交渉

    購入希望者が現れたら、売却条件の交渉に入ります。 価格だけではなく、引渡しの条件等、気になる点があれば納得いくまで交渉することをお勧めします。 その際に、分からない点があれば、気兼ね無く不動産会社の担当に確認する事が重要です。
  5. STEP 05.

    売買契約の締結

    売却条件が整えば、売買契約の締結です。 step4で合意した条件がきちんと盛り込まれているか、また、専門用語なども出てくるので、意味を確実に理解できているか、そのあたりをしっかり確認しましょう。 借入れがある方は、売却金額で抵当権が抹消できるか、事前に金融機関に確認が必要です。
  6. STEP 06.

    不動産の引渡し・代金の授受

    売買契約が終われば、最後は物件の引渡しになります。 権利証の確認等は、司法書士にお任せいたしましょう。 個人の方の場合、銀行に確認しても、本人確認の問題等で着金の確認が取れない場合があります。 そのあたりは事前に購入希望者と相談し、どのような方法で代金の授受をするか決めておく必要があります。

売却後の注意点

  • 売却後の注意点

    売却後に気になる大きなポイントは、税金の問題です。
    不動産を売却したとき、売却によって利益が出たのか、それとも損益が出たのかによって税金が変わってきます。
    ここでは、売却益が出た場合をみてみることにいたします。
  • 売却益が出た場合

    不動産を売却した金額から、その不動産の取得費用と売却時にかかった費用を差し引いた譲渡所得(売却益)には、所得税と住民税がかかってきます。

    1)譲渡所得の計算方法

    売却価格-(取得費+譲渡費用)-特別控除=課税譲渡所得

    2)譲渡所得にかかる税率

    不動産の所有期間が5年以上なら「長期譲渡所得」、5年以下なら「短期譲渡所得」になります。
    保有期間によって税率がかわります。

    長期譲渡所得  20% (所得税:15%、住民税5%)
    短期譲渡所得  39% (所得税:30%、住民税9%)

ダイケン株式会社へのお問い合わせ

  • 借りたい方
  • 貸したい方
  • 売却をご検討の方
  • 購入をご検討の方

ダイケン株式会社では、借りたい方・貸したい方・売却をご検討中の方・
購入をご検討中の方からのお問い合わせ・ご相談をお待ちしております。

まずはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡くださいませ